読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばれ上峰町!

数年前のピンチから復活しつつある上峰を広めたいブログです。

政争より住民本位で

はい、出ました。このフレーズ。

このフレーズは大賛成なんですが、この文字がでたってことは政争があったとき。

正直、哀しい。

 

何を言っているかというと、24日にあった上峰町議会で予算案否決されたこと。

上峰町議会が新年度当初予算案を否決|佐賀新聞LiVE

この佐賀新聞の記事によれば、給食費無料化を含んでたという。

 

はあ〜反対の意味わかんねー

しかも、採決前日に給食費無料化実現を求める1128人分の署名を議会に提出したにも関わらずだ。。。

 

記事をいろいろと読むと、、、えっ・・・

採決の賛成反対は、、、

町長派と反町長派で割れて、、、町長選を目前に対立構図が鮮明になっちゃったって。

 

私は政治家ではないし、職員でもないが、これを反対する議員の顔を見てみたい。

反対の理由がこれ。

 ・「骨格予算にもかかわらず、新規の政策予算を計上するのはおかしい」

 ・「議会との綿密な協議が不十分」

 ・「完全無料化でなく段階的に実施すべき」

・・・意味が分からん。

反対する議員は、かつて選挙の前に

「町民の皆様のため」と連呼するだけしておいて、お願いするだけしておいた議員。

あれから2年経つと随分偉くなったもんだと感じてしまう。

こんな理由で町民が要望しているものをよく反対できるもんだと。

最初にこの議案が出たとき、子供を持つ世帯の町民は上峰に住んでよかったと

思ったに違いないが、今や落胆しかないだろう。

PTAから抗議したらいいわ。

 

ていうか誰やねん、その反対した5人の議員。

議員選挙前にもう一回この件も踏まえて、選挙活動での言葉、聞いて見たいと思います。

 

来月の町長選が影響して、実績を作らさせたくないという一心で反対しているなら、

町民無視としか言いようがない。

 

今の町長の反対をするなと言ってるわけではない。ただ、町民本位で物事を判断するということを前提に、賛成反対してもらいたい。

 

誰の目から見ても給食費を無料化するなんて良い政策だし、

予算もあるなら何をちまちましてねんって。

ごちゃごちゃ言わず、賛成したらえーやんって思う私でした。

 

語気が強めでしたが、少し腹がたったことをお伝えしたかったです。